ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

テレビも新聞もスマホもない

一人暮らしを始めてからずっとテレビも新聞もスマホもない生活をしている。インターネットはNTT光を引き込んでいる。

携帯はガラケーで、四年前に購入したものを未だに使っている。

 

実家に帰るとテレビを見るが、ほとんどは母親が録画した海外ドラマ(CSI、バーンノーティスなど)や○曜ロードショーの映画を観るくらいだ。バラエティや音楽番組、ニュースはほとんど観ない。

 

新聞は引っ越した当初と4月頃に毎年勧誘のおじさんが来ているが、毎回断っている。断る文句は

 

「無い袖は触れない」

 

実際はすぐ裏の図書館や会社の資料室にあるので困っていない。

 

スマホは高いしセキュリティ的に不安なので使っていない。ガラケーを使っていると言うとほとんどの人から

 

「なんでスマホにしないの!?」

 

と言われる。

 

高い、と言うと「格安SIMがある」と言うが、これを勧める人で実際に使っている人に出会ったことが無い。自分が使っていないやつをよく人に勧められるな、と思う。

 

スマホは便利だよ」と言う人もいる。が、駅や道で見かける人はほとんどスマホゲームをしている。

 

スマホは(いつでもゲームができて)便利だよ」

 

ということなのだろうか。

 

確かに面白そうなゲームはあるが、猫背になって必死に指を動かしているリーマン、OL、学生、老人を見かけると、

 

「ああはなりたくない。」

 

と思う。

 

最近ではスマホをやたらと勧めてくる人は

 

「自分も苦しんでいるんだからお前も苦しめ」

 

と言っているように思う時が多々ある。

 

高い料金、不安なセキュリティ、健康に悪そう・・・

 

確たる根拠はあまりないのだが、これを立証する手間も惜しい。そう考えると、ガラケーで何も困っていないので、現状維持、という結論になる。