読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

私の恋愛観、結婚観について

晩婚化が進んでいると言われて久しい。草食系男子だとか、肉食系女子だとか、婚活という言葉が流行っている。

 

私は最近まで「お見合い結婚よりも恋愛結婚の方が価値が高い」と思っていた。特に、必要以上に「恋愛」を高尚なものと考えていた。あるいは、「お見合い結婚は恋愛ができない弱者がするもの」という意識や、ここまでいかなくてもどこか「お見合い」に対して恥ずかしさがあった。

 

今年になりアラサーと言われる年齢に達し、考え方が変わった。

 

社会人一年目、一人暮らしを始めた当初は夜寝るときにふと寂しくなって、恋人が欲しいと思ってい枕を濡らしていたが、今年になって「私は恋愛がしたいのではなく、信頼できる誰かと「生活」をしたい」と考えるようになった。

 

このように考え方が変わったきっかけは色々あるが、一番大きいのは親友が結婚したことだろう。彼の結婚生活を見ていると、互いに信頼し合える人と一緒に暮らす事のすばらしさが眩しい。

 

信頼できる人との出会いの一つに「お見合い」があって良い。むしろ、お見合いでは明確に結婚願望があるため、最初から腹を割って話を進める事ができる。ただし、たまに条件闘争になってしまうことがあり、これはとても非生産的であると感じる。

 

相手に求める条件を仲人や業者に出すのは確かに必要だが、実際に会ってみると身長だとか体重、あるいは学歴といった条件はどれだけ意味があるのだろうか、と感じる。そういったいわゆる「スペック」を追い求めると限りが無い。

出会いを求めてお見合いを始めたのに、結果として出会いを狭めてしまっている事になりかねない。

 

せっかく色々な人、普通に生活していたら会わないような人とお会いできるのだから、「スペック」へのこだわりは捨てて、「感性」などの直感を大切にした方が良いのではないかと思う。

なぜなら、結婚は生活であるからだ。

生活していく上で「スペック」がどれほど重要だろうか。生活していく上で「感性」がどれほど重要だろうか。

 

私は自問自答したとき、「感性」の方が重要だ、と結論づけた。