ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

投資をする理由

1

働かないで生きていきたい、と思って投資を始めた。

しかし、以前程早期退職に対するモチベーションが高く無い。それは今の仕事が楽しい事と昇給し、得られるお金が増えた事が原因だろう。

私は日本経済に対して楽天的で、年金やその他の社会保障も多少損はするだろうが、大したことはないだろうと根拠もなく思っている。それに、大した浪費もしないのでそれなりの貯金もできている。今後も貯金はできるだろうと楽観的に考えているので、老後対する不安は世間で騒がれているほどは無い。

2

ではなぜ今後もリスクを取って投資をしていくつもりなのか。それは「安心」と「自信」、そして「希望」が欲しいからだ。

「安心」とは単純に持っている資産が多ければ感じられ、この安心感は一度持ってしまうと失う事に非常に臆病になる。

「自信」とは、お金は数字である。この数字が増えていき、目標を一つ一つ達成すると、自分は決めた事がきちんとできるのだ、これだけ増やす事が出来たのだ、という自信になる。

学生の時は数千万円を持つ事なんて想像もできなかった。それが今では、1〜5千万円ならなんとかできるのではないかと思えるようになってきた。この「希望」というのは非常に面白いもので、一回それに気がつくと達成した時を思えば楽しくなるし、それに向かう努力は何の苦にもならない。