読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

マサラタウン〜二ビジム

1

コラッタLv.3♂を捕獲し、「でんこうせっか」を覚えたところで22番道路のライバルと戦った。ライバルの手持ちはポッポとヒトカゲだ。
初戦はポッポLv.9にまったく歯が立たず、惨敗した。コラッタをLv.9まで上げて挑んだ2戦目、傷薬を使って何とかライバルに勝利した。

その勢いのママトキワの森を抜け、二ビジムへ挑戦した。その頃にはLv.12になっていた。

ジムにいる「100万光年は〜」の名台詞を言うトレーナーには楽々勝利した。一旦ポケモンセンターへ戻り、タケシに挑戦した。

昔の記憶を頼りにこんな戦略を考えた。
タケシのイワークは「がまん」「いやなおと」を使ってくる。序盤はコラッタの「しっぽをふる」で防御力を落としていって、機を見て「でんこうせっか」で一気に倒すべし!

実際は違った… …。

2

タケシの手持ちはイシツブテイワーク、ここまでは記憶通りであった。イシツブテは電光石火でなんなくクリアーした。
次戦のイワーク、素早さではこちらが勝っていた。初手「しっぽをふる」が当たり、イワークの防御力が一段階下がる。相手のターン、こちらは「いやなおと」か「がまん」をしてくるものと思っていた。もし「がまん」なら次のターンも「しっぽをふる」つもりだった。

実際に敵が出してきた技は… …

がんせきふうじ

一気にコラッタのHPが削られ、何もできないまま負けた。

こんな新技を持っていたとは想定外だった。その後、コラッタをLv.14まで育てて再挑戦した。
2回目のイワークは、初手「しめつける」を使ってきた。こちらも赤緑にはなかった技だ。こちらは「しっぽをふる」を2回積んで、傷薬で回復しつつ「でんこうせっか」を当てていった。幸いな事に「がんせきふうじ」は一度しか当たらなかった。

無事に二ビジムを後略し、オツキミ山へ。道中、プリンLv.3♀とピッピLv.10♂を捕獲し、ハナダシティへ向かう。

3

前回の縛り内容に以下を追加する。

  • 同じ種類のポケモンは1匹のみ捕獲/使用できる(カビゴンは2匹捕まえない、ピッピとピクシーの両方は使えない)。