読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

ACVクリアー

雑記

1

2012年に購入したACV(アーマード・コアV)を今更ながらクリアーした。

アーマード・コアV - Wikipedia

購入当初は友人たちとオンラインを少ししたが、仕事が忙しくなってやらなくなった。今日は暇だったので、久しぶりに引っ張りだしてストーリーモードをやった。

アーマード・コア(以下AC)は操作が非常に難しい。同時にやらなければならないことが多いのだ。ブースターを吹かしながら、ロックオンサイトを動かして、両腕の武器を打って、敵のミサイルを避ける。ガンダムと似ているが、スピード感が全く違う。
久々に起動すると、オペレーターの声で

「あなたの帰還を歓迎します」

と言われる。ちょっと鳥肌が立った。

2

機体は重逆関節で組まれていた。逆関節の機体はジャンプ力が高いので、機動力で勝負する。訓練モードでやってみたが、思ったように動かず、なれるまで大変だった。
何度もGAME OVERしてしまったが、およそ半日がかりでストーリーを攻略した。ラスボスは20回くらい負けたので、途中で上手い人の動画を参考にした。

軽逆関節で組み直し、腕の射撃安定性やFCSのロック時間にこだわったところ、楽々クリアーできた!軽逆関節の機動性はすばらしい!完全に惚れ込んでしまった!
ACはパーツ毎の癖が非常に強く、上手く組み合わせることができたときと微妙な時の差が非常に激しい。今回は上手い組み合わせを発見できて良かった。

3

ストーリーのクリア後は敵ACと1対1または1対2で戦うアリーナを進めていった。ACには三つの属性(KE,CE,TE)があり、パーツ毎に属性の防御力が異なる。全てに強い防御力を持ったパーツは無く、例えばKEを優先させればCE,TEが犠牲になり、CEを優先させれば…といった感じだ。また、武器もそれぞれの属性がある。こちらは最大5つ(両腕・両腕予備・内蔵ミサイル) なので、全てを取り揃えることができる。

しかし、全てを持つよりも、相手の弱点に合わせた武器だけを持っていった方が楽に倒せる。相手がどのような機体なのかは、スキャンモードで一定時間ロックオンすると分かる。初戦は相手の機体を見て、次戦で対策する、という戦い方をした。

ACは3、3SL、4、5とやってきた。5の続編はVDが出ているが、PS4やVRでさらに進化したACが出ないものかと期待している。