ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

投資の基礎体力をつける_ハードオフ

投資は200%自己責任で。

平成29年3月期  第3四半期決算短信

・結論

ホールド。無借金経営で配当性向30%を宣言している。株価が調整したところで買い増し。

店舗数の拡大とともに販管費も増えている。これを補いきれるほどの成長ができるかが鍵。

 

・業種、事業内容

本・ゲーム・パソコン・カメラ・家具・フィギュアなど、取扱商品多数!日本全国【ハードオフグループ】親切丁寧に買取致します。宅配買取なら売りたいものを箱に詰めてお送り頂くだけ!安心・簡単リサイクルショップ【ハードオフグループ】是非ご利用ください!

 

・お金の集め方

借入金:0円

買掛金:83,449千円

 利益剰余金:9,492,206千円

 

・投資先

現預金:1,653,200千円

売掛金:401,266千円

商品:3,854,076千円

有形固定資産:4,003,645千円

有価証券: 1,997,493千円

 

・利益を上げているか

純利益:819,672千円(5.9%)

売上高:13,700,199千円

粗利:9,694,711千円(70%)

営業利益:1,127,241千円(8.2%)

経常利益:1,261,136千円(9.2%)

 

ROA:5.3%

ROE:6.2%

EPS:60.79円

 

 自己資本比率が85%。

今期予想EPSは92.70円、予想PER10倍なら927円、20倍なら1,854円。

配当性向は現在40%。宣言しているのは30%、なので減配で30%となった場合は30円くらいになる。

 

・その他

決算補足資料より

増収に伴い売上総利益は増益を確保するが、今後の新規出店 に備えた店舗人員の増強に伴う人件費の増加を吸収できず、営業利益・経常利益・当期純利益は減益を見込む。

 店舗数は増加中。店舗が増えるにつれて売上も増している状況だが、純利益は減収の予想。販管費の拡大をどこまで抑制できるか、または、販管費の拡大以上に売上高を増加することができるのか。

 

販管費は売上高に対して62%である。前年同期が59%なので、おおむね60%くらいコストがかかるということ。店舗数が42店増えているのに、売上高が0.6%増だったというのはちょっと問題では??