ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

手取り20万円を越えると生活が楽になる。

以前も書いた気がするが、手取りが20万円を越えると生活がとても楽になる。

 

家賃が6万2千円、水道電気ガスが6千5百円、携帯代が2万6千円、カード支払いが3万6千円、食費が2万4千円、合計で月約15万円の支出となる。投資を始めた2014〜15年は手取りが18〜19万円くらいだった。

ここから8〜10万円を天引きしていたので、毎月5〜7万円の赤字を垂れ流しながら生活していた。幸いなことに、2011〜2013年までの貯金が300万円あったので、これを取り崩しつつ、ボーナスでなんとか黒字にして、爪に火をともすような生活をしていた。

ご祝儀は1万円、飲み会は行かず、酒を止め、おかしも買い食いも止めた。とにかく種銭を作ることに専念していた。

 

2016年からは手取りが20万円を越えるようになり、月々の赤字は大分減り、黒字になる月もあった。とはいえ、まだまだ満足してはいけない。資産をもっと大きくして、不労所得をもっと大きくする道のりはまだ遠い。

百里を行く者は九十里を半ばとなす。まだまだ半ばにも到達していない。ようやく一歩を踏み出したところだ。