ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

売買_3

 楽待という不動産投資サイトを運営している企業がYoutubeに興味深い動画を配信している。

www.youtube.com

 

特に気に入っているのは、銀行員の覆面座談会だ。

www.rakumachi.jp

 

 ある行員が動画の中で「不動産投資というのは事業として見ている。」と語り、キャッシュフローがどれだけ続くのか、リスクについてどう考えているのかといった点について何度も言及していた。

 話は変わるが、『金持ち父さん、貧乏父さんのキャッシュフロークワドラント』でも、「リスクをどうコントロールするか」「何年で回収するのか」ということについて、行動を起こす前によく考えるように書かれていた。

 

 信用取引をしないと決めている私にとって、エントリーは「買い」だけになる。買うときはすでに「売り」について決めていないといけない。出口を考えずにbuy&holdでのほほんとできたのは、これまでがアベノミクスによる上げ相場だったからだ。決して実力ではない。

 弱肉強食の相場の世界で生き抜くためには、

  1. 買う前に売りのことを決める
  2. 何年で回収するつもりなのか
  3. 回収できない見込みが浮上してきたらすぐに逃げる

といったことをきちんと実行できるよう、精神を鍛える必要がある。