ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

ポジショントーク

今年も半分を終えようとしているので、保有している会社を整理しておく。以下はただのポジショントークで、買いを推奨していないし、何も保証しない。

投資は200%自己責任で。

 

1.ピーター・リンチの言う「完璧な株」に合うかどうかの確認。

・基準

(1)面白みのない、または馬鹿げている社名

(2)変わり映えのしない業容

(3)感心しない業種

(4)分離独立した会社

(5)機関投資家保有せず、アナリストがフォローしない会社

(6)悪い噂の出ている会社

(7)気の滅入る会社

(8)無成長産業であること

(9)ニッチ産業であること

(10)買い続けねばならない商品

(11)テクノロジーを使う側であること

(12)インサイダーたちが買う株

(13)自社株買い戻し

『ピーター・リンチの株で勝つ』p150~167

 

銘柄 分類
1XXX 1,2
1XXX 1,5,6,12
2XXX 11,12
2XXX  
2XXX 2,5
2XXX 1,2,5,8,9
3XXX 1,5
3XXX 1,5
4XXX 1,11
6XXX 1,2,11
7XXX 11,
7XXX 1,2,10,13
7XXX  
8XXX 1,
9XXX 1,5

 

2.ピーター・リンチによる6つの分類の内、どれに合致するか。

銘柄 分類 5年間平均成長率(%)
1XXX  優良株 10.63
1XXX 優良株 7.8
2XXX 優良株 24.9
2XXX 急成長株 22.51
2XXX 優良株 16.79
2XXX 低成長株 3
3XXX 優良株 7.56
3XXX 優良株、資産株 10.16
4XXX 優良株 14.04
6XXX 急成長株 30.08
7XXX 急成長株 51.38
7XXX 急成長株 23.12
7XXX 低成長株 2.76
8XXX 急成長株 34.77
9XXX 低成長株 4.7

 

 いくつかの銘柄は、5年間平均で見ると急成長株になるが、直近の2〜3年で見ると成長率が鈍化して、優良株になっているものもある。いきすぎたPERになっていないかをよく確認し、手仕舞いを考え始めなければならない。

低成長株はすでに元本を回収した銘柄なので、減配や経営破綻といったことがない限りは持ち続ける。また、他の良い銘柄が見つかった場合は優先的に売る。 

 優良株の大半はそろそろ手仕舞いを考えている。2倍まで残念ながら上がらないと思われるが、明らかに割高になりつつある銘柄が増えてきた。これらを売却して、急成長株へ回していく予定だ。