ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

ipv6の設定

先日、会社のインターネット回線を切り替えた際、IPv6の設定をCiscoルーターに行った。その際、IPv4の時とは設定や確認方法が異なり、手こずったので記事にした。

 

IPv4でPPPoEを設定した場合、show int Dialer1 とインターフェースの状態を確認するとISPから払い出されたIPアドレスが表示される。

一方、IPv6でPPPoEを設定した場合、show int Dialer とコマンドを打ってもISPから払い出されたIPアドレス表示されない。

 

ここで数時間はまった。何か設定が過っているのかと思い、試行錯誤した。万策尽きたところで、

 

そもそもPPPoEのセッションが確立されているのか?

 

と思い、確認することにした。

 

show pppoe session を打つと、セッションがつながっている事が確認できた。セッションが確立されているので、ISPが公開しているDNSIPv6)へPingを打ったが、通らなかった。

 

また、Webサイトへは接続できていたが、IPv4でなのか、IPv6でなのかがわからなかった。そこで、ダメ元でIPv6のサイトへPingを打った。すると、Pingが正常に通った。そして、IPv6の接続性を確認できるWebサイトで確認したところ、正常に接続できている事がわかった。

 

どうやらCiscoルーターでは show int Dialer と打った際にPPPoEで取得したIPv6アドレスは表示されないようだ。公式サイトを探しても、そういった表記がなかったので、不安であるが、とりあえず利用できる環境を構築できたので良かった。

 

確認はインターフェースの状態に加え、PPPoEのセッション確認とIPv6対応サイトへのPingで確認した方が良い事がわかった。

 

【参考にしたサイト】

www.cisco.com

 

network/IPv6/IPv6で接続性の確認出来るサイト - Tomocha WikiPlus