ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

駄文

華金でテンションの上がった私は、サラリーマンという生き方を下に見ている者共に対して一言もの申す!と意気込んで記事を書いていたけど、途中から何を書きたいのかよくわからなくなったので中断した。


サラリーマンになれなかった奴、ならなかった奴、ドロップアウトした奴等に問う。君たちが如何に素晴らしい人生を歩んでいるからと言って、君たちと違う選択をした者たちを下に見て優越感に浸るのは卑しいと思わないのだろうか?
サラリーマンは確かに疲れた顔をして電車に乗っている。電車では痴漢の恐怖と戦い、会社では下げたくも無い頭を下げ、家に帰れば暗闇に「ただいま」と言っている。しかし、サラリーマンが日本において多数派を占めており、我々が源泉徴収をされることでこの国の経済が回って… …


と書いたところで何が言いたいのかわからなくなった。

サラリーマンという生き方にたいして私は否定的だった。特に2013〜4年は仕事を干され、生殺しの状況であったのでサラリーマンなんて生き方はさっさと金を貯めて辞めてやる!起業している人ってすげー!フリーランスすげー!と思っていた。しかし、そこそこ仕事を任されるようになり、そこそこの結果を出して評価され始めると「あれ?サラリーマンってそんなに悪く無いのでは… …」と思うようになった。過度にサラリーマンを下に見ている者どもには「そういう風に上に立たないと不安なのかな」と印象が変わってきた。

本音ではどっちの言い分もわかるのだけど、せっかくだからそれぞれの立場に100%賛同した記事を書いてみようかと思っている年度末最後の週末。