読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

Youtuberを舐めていた

筋トレ 雑記

1

巷で話題に上がるYoutuberといえば商品レビューやゲーム実況をしていることが多い。

先日、Youtube内で筋トレの動画を探していたら、出るわ出るわ。ムキムキマッチョなYoutuberたち。玉石混合の彼らの中で、元ボディビルダーの人がいた。彼の動画をざっとみると、非常に合理的・論理的な説明で衝撃を受けた。
筋トレといえば

  • ゆっくりやるもの

  • たくさんやればやるほど良い

  • 筋肉痛になるまでやらないと意味が無い

と思っていたが、実は違うとのこと。動画主は言う。

  • 1セット30秒〜40秒で良い

  • トレーニングの時は一瞬で良いから限界を超えろ

  • トレーニングは週2回で良い

速筋と遅筋の違いすらよく理解していなかった身としては、海外のボディビル大会で優勝経験のある動画主の言う事にはハッとさせられることばかりで、時間を忘れて見入っていた。

2

メルマガもやっているとのことで、「はは〜ん、動画で集客してメルマガで稼ぐ、情報商材ね」と思っていたら、メルマガは無料だった。会員限定動画・バックナンバーも質問も無料だ。もちろん、情報商材もあったが、無料メニューをみるだけでも大分ためになる。かなり良心的である。

3

年初に「腕立て100回!」という目標をたててやっていたが、私は腕立て伏せを100回やりたいのではなくて、マッチョになりたいというのが本心だ。

「マッチョは腕立て伏せ100回くらいできるだろう=だったら腕立て伏せ100回できるようになった時は自分はマッチョだ!」

と自分の中での方程式をたてていた。件の動画を見ると、これが全くの誤りである事がわかった。そして、筋肉がついてきたと思っていたが、これは元々あった筋肉が刺激されて、腫れているだけであることもわかった。

腕立て伏せの挑戦は一休みして、筋肥大化を目指していく!

Youtuberをバカにしていたけど、十把一絡げに決めつけてはいけないと思った。