ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

投資の基礎体力をつける_諸々まとめ

 投資は200%自己責任で。

 マクロの状況は良くなってきている。個人消費が伸び、GDP速報値もかなり良かった。アベノミクスで上向きの景気が続いている。秋も補正予算等で需要をうまく政府が後押ししていけば、デフレから脱出できると期待している。

 

北朝鮮問題がかなりホットになっている。いつ戦争になるかはわからないが、最初の一撃は北朝鮮から行われるだろう。これが日本に行くのか、米領グアムに行くのか、それとも韓国に行くのかは分からない。

経済制裁をやると決めていたのに、適当にやっていた中国が蛇口を締めた。が、ロシアが裏で資源の取引をしていた疑惑があったり、ミサイルのエンジンを流していたりした。どうなることやら。

 

 PFは辛抱する時期、種まきの時期と思われる会社が増えてきた。果たして実るのか、それとも腐ってしまうのか。結論は今期中には出ないだろうが、腐る前兆を見逃さないようにしないといけない。

 

日本電技

平成30年3月期第1四半期決算短信

・結論

買い増し。

 

・メモ

第1四半期の売上高、営業利益、純利益等、前年比マイナス。純利益は損失。

配当維持。

平成29年3月期決算短信では、今期決算はマイナスになる見込み。予想EPSは249.11円、今のPERは11.06倍。

過去の株価をみると、だいたいPERは8倍〜10倍の辺りをうろうろしている。

前年同期比で工事そのものが減っているとのこと。設備系は更改のタイミングが10〜20年周期でくる。今はストックを積み上げる時期か。

 

夢真HD

「平成29年9月期第3四半期決算」

・結論

ホールド。

 

・メモ

売上高は前年同期比プラス、純利益は同期比マイナスとなった。

配当維持。

エンジニア派遣、教育関連事業、IT関連事業がセグメント利益マイナス。その他事業も利益はマイナスだが、赤字の幅は減った。

建設・IT業界の人手不足を見越した採用拡大、教育事業への投資を実施したため、販管費が増えたことが、減益の理由。

種まきの時期と考え、辛抱する時期と思う。

予想EPSは28.16円、PERは26倍。種がきちんと実れば良いが、現時点では過大評価されている感がある。

 

ハードオフ

「2018年3月期第1四半期決算短信

・結論

 ホールド。

 

・メモ

第1四半期の売上高、営業利益、純利益等、前年比マイナス。

予想EPSは77.87円、今の株価ではPERが14.5倍。

直営より加盟店(FC)の方が多い。増加数もFCの方が多い。 

 出展数増加に伴う販管費(人件費)増加で利益減。売上高は微減。あまり良い状況ではない。

 

山田コンサルティング

平成30年3月期第1四半期決算短信

・結論

ホールド。

 

・メモ

売上高、純利益ともに前年同期比プラス。

増配予定。

予想EPSは389.73円、PERは17倍。PERはだいたい15〜17倍で推移。

営業CFはマイナスだが、要因は営業投資有価証券の増額。実るか。

各セグメントは順調。私の資金力では買い増しできないのが惜しい。

 

FPG

「平成29年9月期第3四半期決算短信

・結論

ホールド

 

・メモ

<売上高、純利益ともに前年同期比プラス。伸び率はここ2年ほど落ちてきている。良い言い方をすれば、「着実な成長している」といったところか。

増配予定。

予想EPSは101.66円、PERは12.2倍。だいたい10〜15倍の間で推移。

業績予想修正、リース組成額がマイナス1千億円。タックスリースの需要有りとしながら、この修正は何かあるのではないか…?

FPG証券、その他事業の割合は低いため、タックスリース事業が黄色信号となると…。

 

三井金属エンジニアリング

平成30年3月期第1四半期決算短信

・結論

ホールド

 

・メモ

売上高は前年同期比で2倍ちょっと。

予想EPSは116.64円、PERは10.8倍。減配予想。

第2四半期の業績予想は上方修正。

 

藤田エンジニアリング

平成30年第1四半期決算短信

・結論

買い増し

 

・メモ

予想EPSは112.14円、PERは6.3倍。

減配予想、記念配当剥落。各セグメントが順調、横ばい。

 

情報企画

「平成29年9月期第3四半期決算短信

・結論

ホールド

 

・メモ

売上高は前年同期比でマイナス。

予想EPSは119.41円、PERは13.9倍。最終業績は前年比マイナスの予想。

 

レントラックス

平成30年第1四半期決算」

・結論

ホールド

 

・メモ

インターネット広告市場の伸張に伴って、売上拡大。

伸び率微減。

 

ノジマ

平成30年3月期第1四半期決算短信

・結論

ホールド。

 

・メモ

予想EPSは208.04円、PERは10.4倍

ニフティの株を250億円で取得したが、ISP事業はうまくいくのだろうか。私は家に固定回線を引いているが、今はwimaxなどの無線型、スマホの電話回線が主流ではないか。

固定回線を利用するのは企業が多いと思うが、企業の場合、NTTやKDDISoftbank、Coltといったキャリアと契約してしまうことが多いだろう。提供エリアは狭いが、Nuroも安い。

家電販売は2020年のオリンピックにむけてテレビの需要が高まったり、異常気象でエアコンなどの温度管理系の家電が売れるかも。

マクロ的には個人消費が伸びてきているということだから、追い風は続くと思う。

借入金は順調に返済中。

 ただ、自己資本比率が気になる。30%くらいになったら買い増ししても良いかと。

 

日本エスコン

「平成29年12月期第2四半期決算短信

・結論

ホールド。

 

・メモ

売上高は前年同期比でマイナス。

予想EPSは64.27円、PERは6.5倍。

収益不動産、分譲不動産の売却が順調とのこと。販売戸数は前年同期比で増えている。

ただし、金額は減っている。これがあと2年続くようなら、売り時か。

 

スペース

 「平成29年12月期第2四半期決算短信

・結論

買い増し。

 

・メモ

売上高、純利益共に前年同期比でプラス。

予想EPSは109.23円、PERは13.6倍 。

飲食店、サービス等が減額した。

CFは++ーで理想型。