ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

2017年8月の資産状況

実績

f:id:ring_bell:20170901094542p:plain

総評

 日経平均は19400〜19600円台までで推移した。

 日米韓、中国、ロシア、北朝鮮の緊張がまだとけないどころか、エスカレートしている。

 資産は前月比101%増加した。5ヶ月連続で増加している。月々の天引き額、支出額はそれほど変わっていない。ただただ、日本株の調子が良い。逆に言えば、株式市場の調子が崩れれば、一気に吹き飛ぶということだ。

 現金化するか、買い増しをせずに現金比率を上げていくか。幸い、今は給与+貯金の範囲内で暮らしていけるので、投資に回した資金が減っても生活上は問題ない。精神上は問題あるだろうけど。

 アベノミクスから投資を始めたので、これまでが順調すぎた。そして、逆境の時代は本や映像でしかしらず、実感がわかない。

 市場に残り続けることが大事だ、と多くの投資本で書かれている。自分が市場に残り続ける為には、現金が必要だ。それも借金で得た現金ではなく、自己資本としての現金だ。そのほとんどは労働の対価として得た現金である。

 則ち、まだまだ仕事を辞めるわけにはいかない。

 

最近、『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』を読み返している。私は、B(ビジネスオーナー)のクワドラントに行くだけの度胸もアイディアも熱意もない。また、S(自営業)をやれるだけの実力も情熱もない。そのため、E(従業員)とI(投資家)の2つの領域から収入を得る道を狙っている。

 Eで生き残るにも、Iで生き残るにも勉強は必要だ。結局、この世の中、勉強ができる人間が有利なんだろう、と思う。もっとも、これには願望も含まれている。自分が一生懸命勉強しているのだから、そうであって欲しいという願望だ。

 注意しなければならないことが1つある。つまり「勉強しているのだから自分はより良い人生をおくれなければおかしい!」などと勘違いしてはいけない。

 

 あくまでも私の願望は、「勉強したら良い人生、おおむね幸せな人生をおくれる可能性が高まるだろう」というレベルでとどめなければならない。幸せな人生になるかならないかは、努力と運とその他、未知の力が関与しているのだから…。