ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

ネットワークスペシャリストの模試を受けてきた

結果

午前1:60点

午前2:80点

午後1:68点

午後2:75点

 

合格基準は各試験で60点以上なので、今回の結果なら合格ということになる!

反省

 午前1がギリギリだった。ネットワーク以外の用語を取りこぼした。計算問題は、苦手意識があったけど間違えずに計算できた。

 午前2は無線LANの規格、ICMPエラーメッセージ、DNSSEC、OP25Bアジャイルソフトウェア開発を間違えた。どの問題も二択まで絞り込むことはできていた。

 午後試験は、まず選択した問題は自分の得意分野だったと思う。

 午後1については、STPのところで、MSTPのインスタンスを正確に理解できていなかった。あと、記述式で誤字があった。見直す時間はあっただけに残念だった。STPは障害時の動作が必ず出題される。再計算後の構成を整理するのがけっこうややこしいので、本番ではSTPが主題となっている設問は避けた方が良いかもしれない。

 午後2はオープンフローとVXLANに関する問題を選択した。この選択も正しかったと思う。VXLANと仮想化についてはできていたが、QoSに関する問題を間違えた。

 午後の記述式は、「まったくわからない」という問題は無かった。知識不足で解けなかった問題は無かった。しかし、どう回答に落とし込めばよいか悩むところは多かった。過去問と今回の模試を再度解き直して、出題者の意図を汲み取れるようにならないといけない。

 情報処理系の試験で、模擬試験を受験したのはこれが初めてだった。久しぶりに大学の教室で、周囲に人がいる環境はとても緊張した。これまではテストセンターで仕切りと耳栓のある中、PCに回答を打ち込んでいく試験が多かった。ペーパーテストの緊張感、雰囲気を思い出せて良かった。いきなり本番だったら、力を出し切れなかったかもしれない。受験料はちょっとかかったけど、良い経験だった。

 来月の本番試験では、かならず受かるよう、油断せずに問題を解きまくるべし!!