ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

近況

先日、三年ぶりに大学の同期と会った。相変わらず元気そうだった。

同じSI系に勤めているが、彼はホストから分散基盤への移行PJを行っていた。私のいる課でも同じようなことをしている。

 

なかなか社内では頼られているらしく、日々、忙しいながらも充実しているとのことだった。一時期は辞めるだのやめないだの言っていたのに、今では私が転職活動をしていて、立場が逆転してしまった。

 

3月は忙しいらしく、ほぼ毎週、休日出勤とのこと。4月か5月にまた会うことになった。その時までに、私の転職先が決まっていることを祈ると言ってくれた。

雑記

今月はかなり忙しかったので、まったく更新できていない。

二月逃げるというが、本当にあっという間だった。

 

1月からは某社のシステム更改案件のRFP(提案依頼書)の作成支援をしている。私はNWチームリーダーとして、NWの現状整理、機能要件・非機能要件の定義を行なっている。

 

なんとか先日、RFPの発行にたどり着いた。1ヶ月くらいでRFPを発行できたという事実が、信じられない。というのも、現行の資料がまったく整備されておらず、断片を集めてつなぎ合わせてきたからだ。

 

いろいろと場当たり的な感じで周辺システムと接続してしまっていたため、IPアドレスもVLANもルールがないまま勝手気ままに割り当てられていた。

最初は、FWやルーターが乱立している構成図を見て、いったい何があったのかわからなかったが、IPアドレスの重複を避けるためにポコポコ追加していったのだろう。当時の担当者は全員ローテーションでいなくなってしまっていたので、経緯や意図を知る術はない。

 

本当に密度の濃い2ヶ月だった。毎週毎週、アウトプットを求められ、システムに詳しくない担当者へのヒアリング資料を作成し、RFPをゴロゴリ書き進める…。

これまではITの知識がそれなりにある人が相手だった。今回はITをほとんど知らない人が相手だったので、とてもよい勉強になった。

 

社会人8年目、そろそろ中堅からベテランになろうというところで、とても貴重な経験ができた。

銭湯にて

先日、地元の銭湯に行った。

脱衣場で爺さん達が色々と世間話をしていた。

 

爺さんA「俺は70歳だけど、まだまだフルタイムで働いてるよ!」

爺さんB「そうだよなー、やっぱり働いて食う飯はうまいよ。ベッドの飯はだめだよ」

爺さんA「寝てりゃあ飯が出てくるのも楽だけどよ、せがれが立たねぇからな」

爺さんB「若いナースでもよぉ、気持ちばっかりで体はもうだめダァ」

 

疲れがふっとんだ。

Fortigate 100Dの注意点

Fortigate 100D

案件でFortigate100Dを設定した。その際にハマったところについて、ネット上に見かけなかった部分だけを抽出して記録しておく。

誰かの助けになれば良い。

 

mgmtポートからSNMP Trapが投げられない!

SNMP Trapを投げるサーバの設定をGUICLIでできるが、GUIから設定を変更した時にedit2に設定している

ha-direct enable

が消えてしまうバグに遭遇した。これが消えると、mgmtポートからSNMP Trapをなげることができないので注意!なお、手動で追加してsaveすれば問題ない。

これはOSのバグで、最近バージョンで修正済みとのことをサポートから聞いている。

5.4や5.5で古いバージョンを使用している時は注意!

 

・HA切り替わりで投げられるTrapにMasterとかSlaveといった文字列が無い!

案件ではZabbixなどの監視ツールを使ってSNMP Trap監視をしている。HA切り替わりはけっこう重大な障害なのでぜひとも監視したいと思い、MIBを見たり、パケットキャプチャをしてOIDを確認した。

手動でHA切り替わりを起こさせたのだが、SNMPマネージャ側ではホスト名とシリアルしか表示されなかった。

これは変だなと思い、改めてMIBを見ると、なんと仕様だった。

 

他のLinkUp/DownといったTrapにはインターフェースまで内包されるのに、HAはダメ。きっと、LinkはSNMPの標準規格を使用していて、HAはForti独自だからだろう。作り込みの甘さを見つけてしまった。

 

・Vdom間通信 

Vdom間の通信を行うためには、以下が必要。

  1. VLINKを作成する。
  2. VLINKをVdomに帰属させる。
  3. VLINKで通したいルーティングをスタティックルートに登録する。
  4. VLINKで通したい通信をポリシーで設定する。

この「4」が曲者だった。Vdom_AのA_NWに所属しているホスト(hostA)と、Vdom_BのB_NWに所属しているホスト(hostB)で通信させたい時、各VdomでVLINK宛のポリシーを設定する必要がある。

言われてみれば当たり前のことだが、ポリシーの数が数百とかになったり、Vdomが多いとけっこう見落とす。

※Fortigateはデフォルトで10個のVdomを作ることができる。

※Vdomは多いと管理が大変になる。コンフィグも長くなって見にくいし。

※具体的な設定方法はFortigateのサイトを見たり、ググって欲しい。 

2019年1月の資産状況

実績

f:id:ring_bell:20190203194309p:plain

総評

2019年の頭は、昨年から+0.72ポイントだった。個別株の売買はしていない。投資信託は粛々と積み立てている。

ここのところ、仕事と転職活動で忙しく、市場を見る余裕がない。1月は1万9千円から2万円まで上がった。昨年10月からの下落はひと段落したのだろうか。

 

今年10月には消費増税がある。希望としては、しないで欲しいが、すると仮定して動いた方が良いだろう。増税すると、おそらくまたデフレになる。であれば、現金を持っている方が有利になる。

その中で、資産を守りつつ、配当を増やすためにできることは、2つある。

1つ目は現金を貯める。年末年始に一旦3月まで様子見しようと考えていたが、もう少し余裕をもって見た方が良いのだろうか。

2つ目はデフレに強い企業を選別すること。価格競争力があったり、自己資本が厚い企業だったりが該当するだろう。

2018年12月〜2019年1月家計簿

実績

2019年家計簿
1月
実績
収入
給与 ¥238,500
残業代 ¥36,900
手当 ¥24,000
その他 ¥13,045
天引き
税・社会保障 ¥65,582
財形 ¥20,000
手取り   ¥226,863
貯蓄 投資用 ¥60,000
支出 家賃 ¥62,000
  電気 ¥2,356
  ガス ¥980
  水道 ¥2,958
  携帯 ¥21,574
  食費(現金払い) ¥4,245
  交際費 ¥8,468
  交通費 ¥14,050
  医療費 ¥0
  カード ¥95,410
  その他 ¥0
収支   -¥45,178

総評

寒い中、ガスはけっこう節約できた、電気代はいつも通り。来月は3000円台になるかも。年々、寒さに弱くなっていく気がする。。。

2018年12月の資産状況

実績

f:id:ring_bell:20190103151034p:plain

総評

2018年12月の資産は15,086,474円だった。年初には1,700万円あったが、結果として年初から約11%下げた。

5月に設定した最低目標と努力目標は達成できなかった。

 

ring-bell.hatenablog.com

 

2018年を振り返ると、1月から「利確」について考え始め、「買いはリンチ基準、売りは本田式」「損切りは8%」とルールを定めていた。

3月には定性的な視点を鍛えようと考えていた。

6月からインデックス投資信託を積み立て始め、1銘柄100万円まで、というルールを定めた。

7月にこれまでの含み益が溶け始めている。今思えば、7月の時点で売っておけばよかったのだが、この時期はまだまだ強気だった。

9月になると、少し弱気になっていて、過去の損切り結果を整理している。そして、12月、損切りを敢行した。

 

9月から12月は全体の相場と新規購入銘柄が下がってきていたのに、自分の定めたルールを無視した事で傷口を広げてしまった。ルールを守れなかった理由はなんだろうか。

2014年から続く上げ相場しか経験していなかったので、

「この下げは一時的だろう」

と思ってしまった。買った企業は良い企業だが、相場の流れを見れていなかった。

 

これから下げ相場に入るとしたら、「計画的なナンピン買い」「1銘柄100万円まで」が重要になる。2019年は相場の波をしっかりと見れるよう、アンテナを広く、高く伸ばしておきたい。