ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

2019年6月の資産状況

実績

f:id:ring_bell:20190629153915p:plain

 

総評

 今の会社でもらう最後のボーナスにより、前月比でおおきくプラスになった。退職金の振込は来月以降になる予定。ボーナスと合わせても100万円に届かないのは、ちょっと意外だった。

 直近の資産運用で考えなければならないことは2つ。

  1. 財形で積み立てた資金をどうするか
  2. 個人型確定拠出年金をどの金融機関にするか

 財形は120万円くらいある。今は生活口座に入っているが、別の貯蓄講座か定期預金などの無リスク資産とする予定だ。確定拠出年金は次の会社が企業型を行っていないため、個人型となる。移管に必要な書類はまだ届いていないが、金融機関をどうするかと、拠出金をどのようにするかは考えておく必要がある。

 

 相場はまったく見ていないが、米中貿易戦争と消費税増税が注目を集めている。ダブル選挙で消費税増税は無くなるかと思っていたけど、なくなったのはダブル選挙の方だった。

 ここ数日の日経新聞によると増税により景気が悪くなることを察知して、高配当株や低PER株、低PBR株などが注目されているらしい。また、海外勢は売り優勢で、国内の個人が買い優勢とのこと。

 年金2000万円問題でNISAやiDecoを開設する人も増えているらしい。私は年金そのものの破綻はないと考えているし、そもそも年金だけに頼るつもりもない。所得代替率が3〜4割くらいあれば十分と思っている。

 口座を開設した個人の買い、高配当銘柄などへ向かう個人資金が尽きたあたり、または個人も悲観的になった時期まで、資金は寝かせておく。ただ、悲観論が蔓延している時期に買いに向かう判断を下せるかはわからない。

今月末で退職する

(1)近況

 4月に内定をもらった会社へ7月に入社する予定で諸々の手続きを進めている。

 案件の引き継ぎは順調に行い、今月の中頃から有給消化に入っている。

 有給は前年の繰り越しも含めて40日くらいあったが、半分も消化できなかった。もう少し余裕があれば1ヶ月ほどお休みできたと思うと残念だが、頭の回転が鈍っているので、これ以上休んでいると復帰できなくなるかもしれない。

 休み中は九州に旅行に行ったり、週2でジムへ行ったり、図書館でゆっくり読書をしたりして過ごした。とてもリラックスできた。週3日働いて暮らしていけるような生活も良いかもしれない。配当金が100万円に到達したら、そういう生活もできそうだ。

(2)入社に向けての準備

 入社後はまずITコンサルの案件をやり、そこから業務系や戦略系に領域を広げていきたいと思っている。業務系や戦略系の経験は全くないが、1年以内に何らかの案件に関わりたい。そのために会計・財務、業務フローの勉強をしている。

 会計・財務は投資で有報を読んでいるので、それほど苦ではないが、簿記のルールに苦戦している。業務フローについては、フレームワークがいくつかあるのでそれに沿って、これまで自分が経験してきたことや見てきたことを整理している。

 これ以外にも、コンサルタントの仕事の仕方や考え方を学んでいる。SIerからコンサルタントへ転職することになったので、システムありきではなく、全体を俯瞰した視点でITを考えることが求められる。この期待に応えられるように、考え方を切り替えなければならない。

(3)さっそくの失敗と反省

 いくつか案件を紹介してもらい、先日、PMとの面談を行った。最初はPMから案件の概要説明があり、あとは質疑応答だった。

 聞かれた内容は面接で聞かれたようなことが多かった。ここはそつなく答えることができた。

 「本件のリーダーとなった場合、どのように本件を進めますか?」という問いに対しては、準備不足で微妙な回答をしてしまった。後日、人事から連絡があり、

 「PMより、今回は求めていた立場にマッチしていなかったので見送りとなりました、とのことです。評価は高かったのですが、次に気持ちを切り替えましょう」

とのこと。

 反省点は以下の2点。

  1. 休暇中で頭が鈍っており、回答が要領を得ていなかった。
  2. 想定問答集を用意しておくべきだった。

  次の面談は月末にある。ここでOKが出れば、7月入社後、手続きが済み次第すぐに動き出せる。案件の内容も面白そうなので、ぜひアサインしてもらいたい。そのためにしっかりと準備をする。

(4)コンサルの厳しさ?

 PJ/案件へアサインされないと評価が上がらない。評価が上がらないとPJ/案件へアサインされない。逆に、PJ/案件での評価が高ければ次もやりやすくなる。最初の案件で如何に成果を出せるか、にかかっている。

 前の会社は席にいれば課長から「これやって」と言われることが多かった。上から仕事が降ってくるのが前の会社。これからは上がとってきた仕事に自分を売り込まなければならない。社内でのプレゼン力や仕事力など総合的な力が常に求められる。この環境に早く慣れる必要がある。

 この環境でいつまでやっていけるかわからないけど、できる限り、食らいついていく。

 今はPJ/案件への1日も早いアサインを、と思っているが、大事なのはアサイン後にどれだけやれるか。なので自分が力を発揮しやすい案件へアサインされるのが理想。1回目の面談がまさにそれだったので、ぜひ入りたかった。

 次回の面談は、1回目に比べると若干、経験が不足しているが、準備をしているとモチベーションが上がってくる。当日は自分の考えている進め方がどのように評価されるのか、とても楽しみだ。

2019年5月の資産状況

実績

f:id:ring_bell:20190531195618p:plain

総評

 新興国株式の投資信託、国内株式、401Kが大きく下がったため、全体としてもマイナスになった。

 今年は配当金を15〜20万円に持っていくことだ。下がってきているので配当利回りが良い銘柄が増えてきた。そろそろ動き出す頃かとも思うが、G20や選挙を待っても良い気がする。

 経済指標は雇用は良いが、それ以外は芳しくない。下り坂に入ったのだろうか。

 

2019年4月家計簿

実績

2019年家計簿
4月
実績
収入
給与 ¥288,500
残業代 ¥52,759
手当 ¥24,000
その他 ¥21,261
天引き
税・社会保障 ¥72,733
財形 ¥20,000
手取り   ¥293,787
貯蓄 投資用 ¥100,000
支出 家賃 ¥62,000
  電気 ¥2,385
  ガス ¥1,453
  水道 ¥2,958
  携帯 ¥0
  食費(現金払い) ¥3,923
  交際費 ¥13,790
  交通費 ¥50,590
  医療費 ¥2,310
  カード ¥52,868
  その他 ¥828
収支   ¥682

総評

黒字になったように見えて、実は携帯代金の引き落とし先が親の口座になっただけ。年末にまとめて支払う予定で、月7千円くらいだったので年8万4千円の支払いとなる。

給料は上がったが、転職でさらに上がる予定。

 

退職手続きは粛々と進んでいる。プロジェクトの引き継ぎは始まったばかりだが、うまくいくだろうか。。。不安。

献血で令和を感じる

今日、献血に行った。献血カードを見ると「R01.05.06」と記載されていた。きちんと令和にシステムが対応しているのが、なんか嬉しかった。

4月にマイナンバーカードを発行してもらったが、こちらは有効期限が西暦だった。会社の文書も連休明けから順次改定されていくのだろう。

献血はこれまで400mlしかやってなかったが、次回は成分献血をしてみようと思う。

2019年4月の資産状況

実績

f:id:ring_bell:20190430231037p:plain

総評

4月は前月から約1%プラスになった。昨年7月のピークにはまだ至っていないが、徐々に回復してきている。連休中はあまり遠出はせず、近場の銭湯を廻っている。かなりリフレッシュできたが、頭の片隅には常に連休明けの仕事のことがある。

ばっちりスタートダッシュを決めるために、色々と段取りを考えている。うまくいくことを祈る。

内定をもらった

1月から始めていた転職活動で、ついに内定をもらった。2社から内定をもらい、1社へ決めた。今後は契約書へ署名したり、退職手続きを行う。

 

2社とも面接での印象が非常によく、最後までどちらにするか悩んだ。エージェントに無理を言って交渉をしてもらったりした。最後はポジションと年収で選んだ。

 

今の案件の引き継ぎを考えると、7月か8月に正式に会社を移ることになるだろう。それまでしっかりと今のお客様に貢献しつつ、引き継ぎ資料を用意しなければ・・・。