読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

この時期になると実家に帰りたくなる

離れて分かる実家の良さ

社会人になって初めて一人暮らしをし、実家を離れて早5年。この時期になると毎年実家に帰りたくなる。
地元は高校が学区外であったため、小中の友人とはまったく縁がなくなって久しいし、年賀状も社会人になってから送らなくなったし、SNSで友人らしきアカウントを見つけてもフォローしない。高校の友人とも若干、行動範囲が外れるため、たまにフットサルで会うくらいなのだが、この時期になると唐突に実家に帰りたくなる。

なぜ実家に帰りたくなるのだろうか。

地元の空気は懐かしい

実家には年末年始に毎年戻るようにしている。駅から実家への道を通るといつも

空気が懐かしい

と感じる。なんというか、匂いが違う。一人暮らししている地域の匂い、職場のある都心の匂いとは全く違う。たぶんビニールに地元の空気と都心の空気を含んだビニールを嗅ぎ比べてもわかる。それくらい"匂い"が違うのだ。そして少年時代を思い出して懐かしくなる。

年末年始を過ごし、2、3ヶ月も経つと一種のホームシックになるのだろう。あの空気が懐かしい、もう一度嗅ぎたい。今すぐにでも実家に戻りたい!と。

家賃と言う現実的な問題も…

ただ懐かしいという思いだけではない。家賃も浮くという現実的、経済的、そして合理的な理由もある。
家賃だけで年間74万円(+更新費3万円)である。これは正直言って痛い。なぜ痛いのに一人暮らしをするのか。それは

  1. 社会人にもなって実家住まいは恥ずかしい
  2. 一人暮らししていないと結婚できないのでは…
  3. 男は社会人になったら一人暮らしするもんだ
  4. 独立自尊するんじゃー

と思っていたからだ。
しかしここ最近は(というかこの時期になると)、

  1. 実家でお金を貯めていた方が良かったのではないか
  2. 実家の方がストレスが少ないのではないか
  3. 実家暮らしでも結婚している人ってたくさんいるじゃん

と思うようになった。

30歳になったら

今は、30歳&独身であれば実家に帰ることを考えている。一人暮らしする理由が無さそうだし、なにより両親と暮らした方が何かと都合が良い。次世代を育むことができなければ、親を支えて、甥姪を影から応援するという生き方も悪く無い。そんな風に思う。