読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

婚活と投資の似ているところ

婚活 投資

言い訳

自分のしていることでまったく次元の違うことなのに、どこか似ているところは無いかと探してしまう癖がある。

そんな性分だから、婚活と株式投資の類似点を考えてしまった。

 

この考え方には、最近読んでいる『ゾーン 「勝つ」相場心理学入門』の影響が強いことも書いておく。

あと、これは私個人が思っていることであって、万人に受け入れられるものでも、当てはまるものでもないことを一応書いておく。

 

列挙

婚活では相手と自分の思いが一致しなければ、交際・結婚には至らない。

株式投資では、売り方と買い方の値段が一致しなければ売買が成立しない。

 

婚活ではデートやお見合いで手応えがあったとしても、相手の受け止め方がどうだったかは、わからない。

株式投資では購入後自分の想定通りの値動きをするかは、自分がどうこうできる範囲ではない(大口投資家なら別だが)。

 

一回のお見合いにかける期待が高すぎれば、上手くいかなかったときの精神的苦痛が大きくなる。

一回のトレードにかける期待が大きすぎれば、含み損になった時の精神的苦痛が大きくなる。

 

反対に、一回のお見合いにさほど期待せず、自信を持ち、自分の長所を素直に伝えれば進展する可能性は、確率的に高くなる。(経験上そう感じている。)

反対に、一回のトレードの勝敗に固執せず、自分の優位性を発揮し、優位性と規律に沿って行動すれば、上手くいく可能性は、確率的に高くなる。(本に書いてあった。)

 

相手の考え全てを知ろうとしても、理解は出来ない。

マーケットを全て司郎としても、理解はできない。

 

相手に期待すればするほど、望んでいない結果となったとき、大きな喪失感を抱く。

マーケットに期待すればするほど、予想外の結果となったとき、大きな損失を被る。

 

最後に

どうだろう?驚くほど似ていると思わないだろうか。

婚活も株式市場も、多くの人間が関わったおり、そこには人間の心理が大きく関与している。

所詮、他人の感情は分からないし、マーケットのこともわからない。と達観してしまえばもっと気楽に、それこそ「ゾーン」に入って勝率の高いお見合い、トレードができるかもしれない。

 

年収の高い人が良い←→売上高の高い会社が良い

誠実な人が良い←→IR活動に熱心な会社が良い

安定感のある人が良い←→配当性向の安定している会社が良い

美人が良い!←→ガンガン成長している魅力的な会社が良い!

 

等々、言い換えることは容易だ。