読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITインフラ系エンジニアの日記

ITインフラ系エンジニアがITのことや投資のことなどを綴ります。

『ゾーン 「勝つ」相場心理学』マーク・ダグラス著、世良敬明訳

概要

 今回は『ゾーン 「勝つ」相場心理学』を読んだ。

ゾーン ? 相場心理学入門

ゾーン ? 相場心理学入門

 

 

 

感想

著者はトレードを「パターン認識の数字ゲームである」ととらえている。テクニカル分析には無限の収益性があるにもかかわらず、多くのトレーダーはそれほど儲けていない。むしろ損失を出し続けている。

これはなぜか、という疑問を心理学の観点から論じている。

 

また、この本では特定のテクニカル分析を推奨しているのではなく、成功するトレーダーになるために必要な心理的要素と、その習得方法を述べている。

 

成功するトレーダーには共通する心理的な要素があるとのこと。規制とそれを守る規律、完全な自己責任、確固たる信念、自分の優位性に従ってトレードをすることの重要性などなど。

 

この本を読み終わって最初に感じたことは、「自分の持つ優位性は何だろうか?」という疑問だ。

言い換えれば、「投資哲学はあるか」ということだ。

年初から考えている投資哲学、やはりこれが重要なのだと再確認した。

 

重要性がわかったところで、次の段階に行かなければならない。

過去のトレードを振り返って、自分の優位性、投資哲学を確認したい。